BCP(事業継続計画)とは?

BCP(事業継続計画)とは、企業が自然災害、大火災、テロ攻撃、感染症などの緊急事態に遭遇した場合において、事業資産の損害を最小限にとどめつつ、中核となる事業の継続あるいは早期復旧を可能とするために、平常時に行うべき活動や緊急時における事業継続のための方法、手段などを取り決めておく事業継続計画(Business Continuity Planning)のことです。

緊急事態は突然発生します平常時からBCPを周到に準備しておき、緊急時に事業の継続・早期復旧を図ることが重要となり、企業価値の維持・向上につながります。

BCP(事業継続計画)策定のポイント

非常時に本質的に備えるためには、ただ災害に備える対策ではなく、ビジネスモデルや組織を柔軟なものに改善し、意思決定や組織や外部への情報伝達をスムーズにできる体制を平時から作っておくことが必要不可欠です。

自社及び関連する組織とともに平時の事業システムや体制を効率化・改善していく取組みが組織を成長、存続させる本質的な非常時の備え(=事業継続)になります。 

サービス

非常時に備える事業継続体制の構築・運用をご支援するために、以下のようなサービスをご提供しています。 

BCP策定コンサルティング

平時から使えるBCP対策プランを策定

災害に負けない組織づくり

初めて計画策定を行う組織に対するコンサルティングサービスです。

・弊社とクライアント様との共同で行う計画策定

・組織内での計画策定作業

・ワークショップ形式の計画策定

サーバークラウド化(IT-BCP)

ICT社内ポータルサイトの制作・導入・運用は株式会社ディーフォーエルにお任せ下さい!

IT-BCPとは

IT-BCPはITシステムにおけるBCP対策で、緊急時にもビジネスに必要なITシステムの運用を維持することを目的とします。
現在のビジネスでは、ITシステムが大きな役割を担っているためシステム1つが停止するだけで、その損害の大きさは計り知れません。特に、大切なデータを保持したシステムに異常が生じた場合、企業の資産を損失することになります。
また、サイバー攻撃のような、ITシステム特有のリスクも存在します。これらの脅威から企業を守るため、IT-BCPを策定しましょう。
事業を継続するには、ITシステムそのものの維持・復旧に加え、それを誰がどのように利用するかという計画も必要になります。災害時は人手や資源が限られるため、システムだけが無事でも通常どおりの運用はできません。
これらを総合的に踏まえたうえで、IT-BCPを策定する必要があります。

IT-BCPの具体例

ICT・クラウド化・社内ファイル共有は株式会社ディーフォーエルにお任せ下さい!
データバックアップ・クラウド化
ICT・ビデオ会議の導入は株式会社ディーフォーエルにお任せ下さい!
テレワーク(在宅勤務)環境整備

BCP改善支援

PDCAで策定プランを見直し改善します

PDCAで策定プランを更新

多くの組織では策定したBCPが一度も見直されず、そのままになっています。
そのような計画の改善を進めるために、策定された計画書の内容確認や診断を行い、必要となる改善策をご提案いたします。

BCPを平時に活かす戦略策定

平時から使えるBCP対策プランを策定

BCPを平時に活かす戦略

「計画を策定した後、BCPが作りっぱなしになる」
「BCPに取り組んでも特に儲かるわけではないので、力を入れることができない」・・・
そのような多くのお悩みを解決し、非常時に備えるBCPをより日常的・実践的ななものとするために、組織を成長させていくための簡易な経営戦略とBCPを並行して立案する「BCPを平時に活かす戦略」の立案をご提案・ご支援しています。
この取組みにより、BCPを非常時だけの備えとせず、組織の成長や改善のために日常から取り組む対策に変えていくことができます。

BCP(事業継続計画)策定に関して問い合わせる